こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

結婚した後、子どもを授からなくて悩んでいる人は少なくありません。

 

特に日本では晩婚化や女性の社会進出で妊娠できるタイミングそのものが高齢化の傾向にあり、すずらん鍼灸院でも30〜40代で不妊の相談で訪れる方が増えています。

 

どうしても赤ちゃんがほしいために体外受精という選択肢を選ぶ方もいらっしゃいますが、ここでは体外受精をする前に実践してほしい不妊鍼灸についてご説明させていただきます。

 

『人間の自然治癒力を高めることで、妊娠しやすい身体へと導く不妊鍼灸』

東京、不妊鍼灸

 

不妊鍼灸とは
1.自律神経を整えることによるホルモンバランスの改善
2.血流改善による腹部や骨盤周辺の冷え性の解消
3.自然治癒力を高めることで妊娠しやい身体をつくる
この3つの方法で妊娠力を高める不妊治療の一種です。

 

鍼灸院と病院の不妊治療で決定的に異なるのは、薬を使って排卵を促したりする治療ではなく、人間が本来持つ自然治癒力を高めることによって、妊娠力そのものを高めることを目的としている点でしょう。

 

不妊鍼灸は現代人の誰もが抱えているストレスを解消し、精神とホルモンバランスを整えることで、自然に妊娠しやすい体へと導いていく体に優しい不妊治療です。

 

薬を使用したり、体外受精に抵抗がある方はまずは一度鍼灸院へ来院して相談することをおすすめします。

 

『まとめ』

 

ここまで不妊鍼灸について簡単に説明させていただきました。

 

すずらん鍼灸院に不妊鍼灸で訪れる方の中には、病院で不妊治療を何年も続けてきたが効果が出なかった、体外受精を勧められたが決断できずに悩んでいるという方もいらっしゃいます。

 

妊娠したいが病院は不安という方は一人で悩まず、まずは一度すずらん鍼灸院までご相談ください。

 

すずらん鍼灸院は妊娠するために頑張っている、全ての女性を応援しています。