こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

少子化といわれる昨今ですが、赤ちゃんを授かりたいと、妊活に励む女性は少なくありません。

 

ところが中には、妊娠しづらいため、不妊治療を受ける人も多いといわれます。

 

確かに医療技術の進歩には著しいものがありますが、実は体外受精だけが不妊治療ではないのです

 

東洋には古くから、妊娠しやすい身体づくりに有効といわれている伝統的な不妊鍼灸があるのをご存じですか?

 

『妊娠を左右する体質とは』

東京、不妊鍼灸

 

子どもが欲しいと願う女性の思いは切実なものです。出産年齢の高齢化もあり、不妊に悩む人は増えているともいわれます。

 

不妊治療というと、まず体外受精が考えられるようですが、治療を受けても受精卵が着床しづらいなど、思うような結果が得られない人も少なくありません。

 

実は、こうした一般的な不妊治療以前に、妊娠には体質が大きく影響しているのです

 

妊娠しづらい、いわゆる不妊体質の人にはいくつかの共通点があります。

 

心身が緊張しやすく、身体に冷えや不定愁訴の症状があったり、生理不順や月経痛などの傾向を持っている、自律神経やホルモンの乱れがある、などです。

 

つまり、逆にリラックスした柔らかな身体、ぽかぽかと体が暖かい、体調や生理が整っている状態であれば妊娠しやすい体質となるわけです。

 

そこでオススメなのが、不妊体質の根本改善を促すための不妊鍼灸です。

 

『まとめ』

 

鍼灸は、体中を巡る経絡というツボを刺激して、身体が本来持っている自然治癒力や免疫を高めるものです

 

古くから不妊鍼灸は、妊娠しやすい体質への改善を促すといわれてきました。

 

はじめは体外受精がうまくいかなかった人でも、鍼灸治療を受けることで、やがて不妊体質を返上して子宝を授かったというケースもあります。

 

不妊症の改善など不妊にお悩みの方は、いつでもすずらん鍼灸院にご相談くださいね。