こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

病院では不妊症の治療を一定期間続けても妊娠が成立しない場合、体外受精を勧められることが多いです。

 

しかし、一度で成功するとは限りません。東洋医学では不妊症の原因は冷えと考えられています。

 

冷えは人間の身体に備わっている自己治癒力を低下させてしまいます

 

自己治癒力には免疫力や再生力だけでなく、妊娠力も含まれます。その自己治癒力を高めるのが不妊鍼灸です。

 

『自己治癒力を高めよう!』

東京、不妊鍼灸

 

妊娠が成立するためには、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。ホルモンを司る中枢は脳の視床下部にあり、意識に関係なくコントロールしています。

 

しかし、単純にホルモンが分泌されれば妊娠するわけでないのです。

 

卵巣で卵胞を育てる力や健康な卵子を作る力、子宮内膜を作る力、そして着床した受精卵を育てる力などが妊娠を成立させ継続するためには必要なことです。

 

これらの力が東洋医学でいうところの自己治癒力、すなわち妊娠力です。

 

不妊治療は体外受精だけではありません。まずは妊娠しやすい身体を作ることが大切です。

 

不妊鍼灸は血流を良くし自律神経を整えることで、ホルモンバランスの乱れを改善していきます

 

また、鍼灸治療はリラックス効果もあり、ストレス解消にも繋がります。

 

『まとめ』

 

自己治癒力は、心身の健康を維持して妊娠を成立させるために大切なものです。自己治癒力が高まれば、体外受精などの病院での治療にも相乗効果が期待できます

 

すずらん鍼灸院では、不妊鍼灸で自己治癒力をを回復する治療を行って妊娠しやすい身体を作る手助けをしています。

 

不妊にお悩みの方は、すずらん鍼灸院へ些細なことでもご相談ください。