こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊症とは何らかの生理的な要因によって女性が妊娠することができない状態のことを言います。

 

不妊症は腹痛や頭痛のようにはっきりと症状が判明している一般的な病気とは違って、原因がわかりづらく人によって治療法方が違うのが特徴です。

 

そこで今回は考えられる不妊の原因と共に、不妊鍼灸を含む対処法について紹介していきます。

 

『性別の違いによる原因と不妊鍼灸の特徴』

東京、不妊鍼灸

 

不妊症の原因は男性側と女性側の2種類に分けられます。男性側で比較的多いとされる原因は、精子が全く出ない無精子症や性交による障害です。

 

一方女性がは卵巣の機能不全、内分泌ホルモンの異常などが考えれます。

 

不妊症はどちら一方が原因の場合もあれば、男女共に問題を抱えているというケースも少なくありません

 

そのため、検査は原則夫婦揃って受けることが大切と言えます。

 

不妊治療は妊娠しやすい体を作ることや排卵日を計算して最適なタイミングでの性交を心掛けることが基本です。

 

体質改善の方法の一つとして、不妊鍼灸などもあります。こちらは鍼灸によって血行の改善やホルモンバランスを整えていく物で、子宮や卵巣の活動の活発化が期待できるのが特徴です。

 

『まとめ』

 

不妊症は人によって原因がそれぞれ異なるので、しっかりと原因について把握をして最適な対処法を取り入れていくことが必要です。

 

すずらん鍼灸院では不妊鍼灸による施術はもちろんのこと、悩みや相談についてのアドバイスも行なっています。

 

妊娠ができない不妊症の悩みを抱えている人はまずはお気軽にすずらん鍼灸院にご相談ください。