こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療というと、体外受精など婦人科で行う治療が一般的ですが、体外受精のような本格的な治療は高額になりがちです

 

また費用以外にも体外受精は精神的な負担も大きく、副作用などのリスクもあります。

 

妊娠したいのであれば不妊鍼灸などの体外受精以外の方法も効果的です。今回は、体外受精以外の不妊治療について紹介しますね。

 

『体外受精以外の不妊治療とは?』

東京、不眠鍼灸

 

体外受精以外の不妊治療として、漢方や妊活サプリ、不妊鍼灸などがあります

 

費用面で考えてみると、漢方は1か月あたり2~3万円かかり、妊活サプリは1万円前後かかります。

 

不妊鍼灸は1回の施術代が4000~6000円なので、月4回行うとすると14000~24000円になります。

 

一方、体外受精の費用は1回につき50万円前後かかってしまうので、費用面の負担が大きいのではないでしょうか

 

漢方や妊活サプリはネットなどで購入して気軽に始められるメリットがありますが、効果を実感するまで時間がかかってしまうかもしれません

 

一方、不妊鍼灸は鍼灸を行うことによって妊娠しやすい体になることを目的としているので、だいたい3か月ほど続けると効果を実感することが多いようです。

 

『まとめ』

 

このように体外受精以外にも不妊鍼灸などさまざまな方法で、不妊治療をすることができます。

 

体外受精を試してみたけど妊娠できなかったのであれば、一度不妊鍼灸を試してみてはいかがでしょうか

 

すずらん鍼灸院では不妊鍼灸も受け付けていますので、不妊鍼灸を受けたいと思っているのであれば、いつでも相談に来て下さいね。