こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

鍼灸といえば、肩こりや腰痛でお世話になるイメージが強いと思いますが、妊娠しにくい方のために「不妊鍼灸」というのがあるのです。

 

どんな治療方法なのでしょうか。

 

体外受精をがんばっているけれども、なかなか効果が表れないあなたへ

 

あきらめる前に一度試していただきたい「不妊鍼灸」について、お話したいと思います。

 

『不妊鍼灸の方法と効果』

東京、不妊鍼灸

 

不妊鍼灸は、鍼やお灸、マッサージを治療方法とします。一般的な鍼灸治療と同じです。

 

鍼灸院にかかる前に必ず、不妊治療のかかりつけの医師に、鍼灸治療を受けても問題はないかを確認をしてください

 

個人の不妊原因によっては、鍼灸治療を受けるべきではない場合もあるからです。

 

鍼灸院で診察ののち、自分にあった治療を始めることになります。この時、不妊治療を受けていることを必ず伝えましょう。

 

不妊鍼灸は、体外受精の効果を高めると言われています

 

妊娠しにくい原因のひとつに、血流の悪さや自律神経の乱れからくる冷えがあげられます

 

鍼灸で血流の悪さや自律神経の乱れを改善すると、冷えの症状の緩和がされるので、体外受精の効果を高めることが期待できるでしょう。

 

『まとめ』

 

簡単ですが、不妊鍼灸についておわかりいただけたでしょうか。

 

体外受精はつらいことが多く、途中で妊娠をあきらめる方も少なくありません

 

鍼灸は、鍼やお灸が痛いのでは?というイメージがあると思いますが、ほとんど痛みのない治療方法です。

 

ちょっとハードルが高いな、と思ったら、まずは不妊治療でなく、肩こりの治療からでも始めてみませんか。

 

どうぞお気軽にすずらん鍼灸院をお訪ねください。