こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

女性の心身にかかる負担が大きい不妊治療。体外受精を何度試みても妊娠しないと、心が折れそうになり気持ちが追い詰められてしまうこともあります

 

今回もまたダメだったと落胆した時、本当に他に選択肢はないのでしょうか?

 

東洋医学から見た不妊の原因と、不妊鍼灸を受ける事で期待できる効果についてお話してみようと思います。

 

『妊娠しやすい身体作りのために』

東京、不妊鍼灸

 

冷えは万病の元と言われますが、東洋医学では冷えと妊娠する力は関連が高いです。

 

鍼灸治療を定期的に受ける事により、全身の血液の循環が促されると子宮や卵巣の血流が改善します

 

自律神経が安定し冷え性が改善され基礎体温が上昇します。健康な体になることでホルモンバランスが整い、待ち望んでいた妊娠に繋がる場合もあります。

 

近年、不妊鍼灸を受ける事により子宮内膜の血流が促され内膜の厚みが妊娠に適した状態になり受精卵の着床率が上がることが明らかになってきています。

 

また、不妊と一見関係がなさそうな頭痛や月経異常、腰痛などの不定愁訴は自律神経と関わりがあります

 

鍼灸で自律神経の働きを司る脳の視床下部に働きかけホルモンの分泌が安定した状態を作ってから体外受精を受け、良い結果につながる場合もあります。

 

『まとめ』

 

不妊鍼灸を取り入れ、心と身体を安定させる事も不妊治療のための大切な要素だと思います。

 

体外受精を受けても、なかなか子供が授からないご不安をすずらん鍼灸院に一度相談してみませんか?

 

東洋医学の見知から、より妊娠に適した身体作りのお手伝いができると思います。まずはお身体の状態を良くする事から始めてみましょう。