こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

なかなか妊娠しない状態が続いた場合、不妊治療を考えるという選択肢があります。

 

代表的な治療法はタイミング療法と人工授精、そして体外受精の3つです。体外受精は妊娠の確率を高めるために有効な方法ですが、絶対に妊娠するという訳ではありません

 

こうした治療法で悩みが改善しない場合は、不妊鍼灸を考えてみることがおすすめです。

 

『体外受精ってどんな方法?』

東京、不妊鍼灸

 

体外受精とは卵子と精子を体外で受精させ、ある程度育った状態で子宮に戻していくという治療法です。

 

受精卵の培養までは確実に行うことができますが、着床をしなければ妊娠には繋がりません

 

1回目は上手く妊娠しなくても何度か治療を繰り返すことで妊娠をする人もいますが、着床障害がある場合などは妊娠できない可能性も残ります

 

実際に、体外受精を行い出産まで辿り着くことができた人の割合は20%以下となっています

 

そんな体外受精で妊娠をすることができなかった場合や、それ以外の方法を考えてみたいという人は不妊鍼灸を考えてみることがおすすめです。

 

血流改善など、体質改善を行うことによって妊娠しやすい体を作っていく不妊鍼灸は、自然妊娠を目指したい人に最適な治療法です。

 

『まとめ』

 

体外受精まで進んでも妊娠できなかった人でも、体質改善をすることによって自然妊娠の可能性が出てくることは少なくありません

 

不妊鍼灸は、女性側の体質を改善することはもちろん、男性に対する治療も可能です。

 

二人揃って治療を受けることで、より妊娠しやすい状態を作ることができます。不妊治療に関する悩みがある場合は、すずらん鍼灸院でご相談下さい。