こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊の際には多くの人々が病院で不妊治療を行います。

 

そのなかの治療方法のひとつとして体外受精がありますが、体外で受精させた受精卵をうまく着床させて育てるためにホルモン投与をするものです。

 

30代の女性Aさんは、体外受精を行ってホルモン投与を行ったのですが卵が大きく育たなく妊娠が成功しませんでした

 

Aさんは不妊鍼灸によりこの症状を改善したので、ぜひ参考にしてください。

 

『Aさんの体験談』

東京、不妊鍼灸

 

不妊であると感じて不妊治療を始めたのは20代の後半でした。

 

タイミング法などさまざまな方法を試し、30代に入ったころ体外受精に踏み切りました

 

病院でホルモン投与を行い治療を進めていても、卵が大きく育つことはなく、この方法もダメかもしれないと感じ始めた頃に、すずらん鍼灸院を紹介されました。

 

受診した所、身体の調子が万全でないことが体外受精をはじめ妊娠に至らない原因ではないかと言われ、改善のために不妊鍼灸を行うことを勧められました。

 

不妊鍼灸施術を受け始めたところ、長く患っていた冷え症やむくみなどといった症状も改善されはじめ、身体が軽くなっていくのを実感できます。

 

しばらく施術を受け、あわせて不妊治療を行っていたところ妊娠に成功しました。しっかり出産までできて非常に満足しています。

 

『まとめ』

 

不妊治療には、あわせてすずらん鍼灸院の不妊鍼灸を受けてみてください。

 

不妊治療のひとつである体外受精は、ホルモン投与をして卵を大きく育てるのですが、体調がすぐれていなければ妊娠にまでたどり着けません

 

すずらん鍼灸院の不妊鍼灸では、妊娠のために必要な身体づくりをサポートするので、不妊治療のサポートを行うことも可能です。