こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療で最終ステップとなることが多い体外受精

 

ここに至るまでに何年も時間を費やすカップルは少なくないでしょう。

 

体外受精は母体に負担がかかるものですし、金銭的な負担も時間的な負担も大きいと言います。

 

さらに妊娠できる確率も高くないため、精神的なダメージもありますよね。

 

西洋医学とは違うアプローチで妊娠に導く不妊鍼灸は、心身の負担を最小限にできる治療法です。

 

今回は不妊鍼灸の効果についてご説明します。

 

『不妊治療と併用すると効果が大きい』

東京、不妊鍼灸

 

体外受精に不妊鍼灸を併用したデータは多くあり、それぞれ妊娠率や出産率を向上させる、さらには流産率を下げることが報告されています

 

不妊鍼灸は、人によって異なる不妊原因に合わせた治療を行います。

 

ですから、医療機関で不妊治療を受けていて不妊の原因が分かっている方は、早くに結果が出ることが多いです。

 

鍼灸は、ホルモンバランスの改善や卵巣や子宮の血液循環改善、受精卵着床の補助などの効果が期待できます。

 

不妊の女性は冷え性のことが多いので、それを改善することもとても大事です。

 

鍼灸で体温を上げたり血の巡りを良くしたりすることで、老化した卵巣や子宮を若返らせることができます

 

その結果、妊娠しやすい体が作れて、着床後も流産しにくくなるのです。

 

『まとめ』

 

忙しく働く女性が増えたことなどが影響し、初婚年齢が上がって、妊娠に繋がらないカップルは増えています。

 

40歳以上になると妊娠率は数%台に落ち込むので、できるだけ早くに妊活を始めるのがベストです

 

体外受精が成功しない方だけでなく、不妊治療に踏み切れない方も、まずは不妊鍼灸を始めてみませんか。

 

すずらん鍼灸院では、いつでもご相談を受け付けています。