こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療を病院で受けた場合、おおよそではタイミング法からはじまり人工授精、そして体外受精と段階を踏んでいきます

 

すべての不妊治療を試して、諦めてしまう前にほかの妊娠に至る方法を考えてみることも重要です。

 

すずらん鍼灸院では、不妊治療に変わる方法として不妊鍼灸を提案しています

 

これらの施術がどのように異なるのかを説明します。

 

『体外受精の前に』

東京、不妊治療

 

妊娠になかなかいたらなければ、病院へ行って不妊治療を検討する人がほとんどです。

 

不妊治療ではタイミング法からはじまって、徐々に人工授精や体外受精へと進んでいきます

 

最終的に体外受精へと進むまでに何年間という不妊治療に悩まされる人も多くいます。

 

体外受精は、身体的に非常に負担のかかる施術でもあるため、体外受精に踏み切る前に不妊鍼灸などの施術を検討してみることをおすすめしています。

 

不妊鍼灸とは、妊娠に適した身体づくりをサポートする施術です。

 

もし、不妊治療の際の検査で異常が見つからない場合は、身体が整っていないことが不妊の原因かもしれません

 

身体の調子が整い、妊娠に適した身体づくりができていれば、タイミング法や人工授精でかなわなかった人でも妊娠に至る可能性が高まります。

 

『まとめ』

 

身体に大きな負担のかかる可能性の高い体外受精へと踏み切る前に、すずらん鍼灸院の不妊鍼灸をお試しください

 

不妊鍼灸では、鍼灸や整体により自然治癒力を回復させて身体に負担を掛けることなく妊娠に適した身体をつくりあげます

 

不妊鍼灸を行えば、タイミング法や人工授精でもかなわなかった妊娠もかなう可能性があるうえに、体外受精をしたとしてもその負担を軽減できる可能性があります。