こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

体外受精は、自然な妊娠がかなわないと考えた人が受ける不妊治療の一種です。

 

多くの人々がこの方法により妊娠に至っていますが、身体に負担がかかることも知られています

 

不妊のための治療方法は体外受精ばかりではなく、すずらん鍼灸院では不妊鍼灸を行うことをおすすめしています

 

不妊鍼灸の効果と体外受精についてお話しします。

 

『体外受精の負担とは』

東京、不妊鍼灸

 

体外受精では、自然な妊娠がかなわない場合に、まず母体の卵子と精子とを身体から取り出して身体の外で受精させます

 

その後、ある程度育った受精卵を母体に戻して、育てるという不妊治療のことです。

 

この体外受精では、できるだけ優良な卵子を取り出すためにホルモンの投与を行うことがあり、どうしても身体に負担がかかる、副作用が現れる可能性があります

 

この体調不良がなかなか治らなければ妊娠・出産もうまくいきません

 

そのような身体の負担から解放され、健康的な妊娠・出産を目指す人々へは、不妊鍼灸がおすすめされています

 

不妊鍼灸は、ホルモンバランスや自律神経を整えて、不妊の原因となっている体調不良を改善する施術です。

 

身体に負担がかからないため、より健康的な妊娠を目指すことができます。

 

『まとめ』

 

体外受精は、妊娠のためにホルモン投与をすることがあり、そのことで体調を崩す可能性が否定しきれません

 

その点、不妊鍼灸ではホルモンバランスを整えて妊娠に適した身体をつくりあげることが目的なので、身体に負担がかかることは少ない施術です。

 

もし、不妊に悩んでいるのならば、体外受精などにすぐに頼る前に、ぜひすずらん鍼灸院の不妊鍼灸をお試しください。