こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊に悩んだ際に、頼れるものは不妊治療が良く知られています。

 

しかし、いくら人工授精や体外受精などの不妊治療を行っても妊娠につながらないケースというものも少なからずあります

 

それは、妊娠に必要となる準備が万端でないことが原因であり、対策としては当院では不妊鍼灸をおすすめしています。

 

不妊治療と不妊鍼灸について説明します。

 

『不妊鍼灸の役割』

東京、不妊治療

 

不妊治療とは、おもにタイミング法や人工授精、体外受精などが知られています。

 

これらの方法は、体周期から妊娠しやすい時期を模索したり、自然ではなく人に手を介して妊娠の手助けをする方法です。

 

しかし、これらの方法でも必ずしも妊娠がうまくいかない場合があります。

 

せっかく受精しても卵が育たないといった場合、それは妊娠に適した身体ができあがっていないことが原因であることが考えられます。

 

妊娠・出産は非常に体力を使うものであるため、体調を万全に整えることが必要です。

 

当院では、不妊鍼灸を行うことで身体の調子を妊娠に適したものにしたうえで、不妊治療の効果をサポートすることにしています。

 

身体が妊娠に適していれば、それまで効果の現れなかった不妊治療にも変化が現れるかもしれません。

 

『まとめ』

 

妊娠に至るためには、体外受精などの不妊治療も重要ですが、その前に、あるいは並行して不妊鍼灸を受けてみてください

 

不妊鍼灸とは身体の調子を整えて、妊娠しても問題のない身体づくりをするものです。

 

すずらん鍼灸院では、さまざまある不妊鍼灸施術を提供することで、不妊治療の手助けをしています。まずは相談からお気軽にご利用ください。