こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療と呼ばれているものには色々な方法があり、代表的なものとして知られているのが体外受精です。

 

ただ体外受精は体への負担が大きいほか、必ずしも妊娠するわけではないというデメリットがあります

 

それ以外の不妊治療も妊娠する確率の問題や体への負担が問題視されているのですが、中には負担がない治療法もあります

 

そこで今回は、不妊鍼灸と呼ばれる不妊治療について紹介します。

 

『不妊治療は体外受精だけではない』

東京、不妊治療

 

一般的に不妊治療として挙げられている体外受精は、男女ともに妊娠する能力に問題があったり、問題はないけれども妊娠しにくい状態であるために選択される治療法です。

 

体外受精のほかにも一般的に知られている不妊治療は、どのような形であれ妊娠させるという点が重要視されているため、夫婦に身体的かつ精神的な負担がかかるところがデメリットとなっています。

 

不妊鍼灸の場合は外科的な手術を必要としないだけではなく、薬などの内科的な治療も必要としていません。

 

妊娠しにくい原因が特定されていない状態に対して、内臓や神経、体質そのものなど根本にアプローチを行って妊娠しやすい体作りを行うのが大きな特徴です。

 

このため体への負担はありませんし、自然な妊娠を促せる効果を持っています

 

『まとめ』

 

不妊治療と聞くと体外受精などの大掛かりなものばかりが知られていますが、それ以外にも不妊鍼灸などの根本にアプローチを掛ける不妊治療も存在しているのです。

 

すずらん鍼灸院ではそんな鍼灸を用いて妊娠しやすい体質づくりを行っており、自然な妊娠ができるようにサポートを行っています。

 

このため自然妊娠を希望される人や不妊治療に悩んでいる人は、当院へご相談ください。