こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊の原因はさまざまありますが、排卵障害も不妊の原因となり得ます。

 

女性で排卵障害であると判明した場合、治療の方法は不妊治療をまず思い浮かべると思いますが、不妊鍼灸もオススメです。

 

排卵障害とはどのような症状で、一般的な不妊治療について、そして不妊鍼灸での治療についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

『排卵障害とは何?』

東京、不妊鍼灸

 

女性の体の中の卵巣には、一生分の卵子が蓄えられており、毎月そのうちのひとつが成熟して卵巣から出ていきます

 

これを排卵と言い、この成熟した卵子と精子が出会うことで妊娠へと至るのです。

 

排卵障害とは、この排卵という仕組みが何らかの理由によりうまくいかないことを指しており、排卵障害になると卵子が出ていかないため妊娠にも至りません

 

検査により排卵障害と判明した場合、不妊治療の方法と不妊鍼灸の方法とで改善を目指すことができます。

 

一般的な不妊治療では、基本的にホルモンバランスを整えることを目的として薬剤での治療が中心となります。

 

これに対して不妊鍼灸の施術は、ホルモンバランスを整える目的は同じですが、鍼灸施術で身体に負担を掛けることはありません

 

『まとめ』

 

排卵障害と診断されたならば、すずらん鍼灸院の不妊鍼灸を受けてみてください。

 

不妊治療での改善は基本的に薬剤が中心であり、副作用などの心配がありますが、不妊鍼灸は自己治癒力を回復させるために身体に負担を掛けることはありません

 

自然に近い治療で妊娠を望むならば、すずらん鍼灸院へご相談ください。そしてぜひ不妊鍼灸を体験してみてください。