こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

女性不妊の原因として多いのが排卵障害であり、不妊治療のポイントとしても排卵できるようになるかどうかが重要視されています。

 

そんな排卵障害の治療は負担が大きくリスクもあるため、行う際には注意が必要です。

 

そのため安全かつリスクを抑えて不妊治療をしたいと考えている人には、鍼灸による治療も選択肢として挙げられています。

 

そこで今回は、不妊鍼灸による排卵障害の治療について紹介します。

 

『自律神経を整えることで排卵を誘発する』

東京、不妊鍼灸

 

排卵障害に対する不妊治療としては一般的に投薬治療が選択されるのですが、それ以外に重要視されているのが生活習慣の改善やストレス管理です。

 

特にストレスは自律神経に大きな影響を与えるため、過度にストレスがかかっている状態では排卵が阻害されやすく排卵障害の有無にかかわらず妊娠しにくい体質になっています。

 

そのため不妊鍼灸で自律神経のバランスを整えたりストレスを緩和してやることによって、排卵を誘発しやすい体質に改善していくのがおすすめされています。

 

投薬治療との併用によって治療効果は高まりますし、自律神経やストレス以外にも疾患による原因にも効果を発揮しているため、不妊治療のひとつとして海外でも注目を集めているのです。

 

『まとめ』

 

排卵障害による不妊治療は投薬以外にも自律神経を安定させる環境が必要とされており、自己コントロールだけでは難しい面もあります。

 

すずらん鍼灸院では不妊鍼灸による自律神経や体質などの根本的な部分へのアプローチを行っており、排卵障害など様々な不妊治療に利用されています。

 

そのため排卵障害による不妊に悩んでいる人や不妊治療の視野を広めたいと考えている人は、まずは当院でご相談ください。