こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

現在の日本では6組に1組が子供を授かることができない不妊症であると言われています。

 

そのため、不妊治療を行う夫婦も多く、不妊症は決して人ごとではなく身近な問題となっています。

 

ホルモンバランスが乱れたり、自己治癒力が低下したりすると妊娠しにくくなります

 

不妊鍼灸によってそれらの原因を改善していくことが期待できます。

 

『どんな治療方法?』

東京、不妊鍼灸

 

不妊の主な原因として冷え、骨盤のゆがみ、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

 

人それぞれの原因がありますので、その方に合った不妊治療の施術をすることが重要になってきます。

 

主なツボの代表として、おなかには冷えを改善する「陰交」、腎の働きをよくする「腎兪」、足には子宮の働きを整える「三陰交」などがあります。

 

これらのツボを不妊鍼灸によって刺激することで、卵巣や子宮の血流を改善し体全体をあたためて、内臓の働きをよくする効果があります。

 

血流がよくなるということは、内臓に新鮮な酸素と栄養を運び、細胞が活性化するということなのです。

 

その結果、自律神経やホルモンバランスが整い、妊娠しやすい体へと導くことができるのです。

 

『まとめ』

 

不妊鍼灸によって体の細胞を活性化させて、妊娠できるからだにすることは、とても大切なことです。

 

人工授精や体外受精などの不妊治療を行ってもなかなかうまくいかない人や、冷えに悩まされ体がかたくなってしまっている人などはお気軽にすずらん鍼灸院へご相談下さい。

 

体の内側からアプローチして、体を整えていきましょう。