こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

季節に関係なく快適な生活環境を得た代償として、現代女性の身体は冷えていると言われています

 

そういった身体の冷えは全身の血行不良を招くため、妊娠し難い身体の状態を作り出す可能性があるのです。

 

不妊治療のために不妊鍼灸を試すことは、東洋医学的な見地から捉えた妊活への前向きなチャレンジと言えるでしょう。

 

この記事では、妊活を考える上で大切なことについて解説しました。

 

『冷えを放っておくのは絶対NG』

東京、不妊鍼灸

 

鍼灸は妊活に効果があるといわれています。

 

理由としては、東洋医学において妊娠しづらい不妊を「不孕(ふよう)」と呼び、昔から鍼灸治療を行ってきた歴史があるからなのです。

 

妊娠をするためにはホルモンバランス、良質の卵子を作り排卵するといった受胎能力が必要となってきます。

 

妊活をしている方は、本格的な不妊治療を受ける前に自分の身体が受胎に適した状態を保っているのかを知っていきましょう。

 

その第一歩として、東洋医学では冷えを放っておくことを厳しくチェックするのです。

 

冷えた身体のケアを怠ると、検査による異常は見つからないけれどなかなか妊娠しないといった辛い境遇に陥る可能性が出てきます。

 

異常がなくても妊娠できない状態を、東洋医学では妊娠力が低い「未病(みびょう)」と診断し、不妊鍼灸の対象とみなしているのです。

 

妊活を考えている方は、特に冷えに敏感になってください。

 

『まとめ』

 

妊娠のためには身体の受胎能力が必要ですから、自分自身でも身体のケアに気を配ることが大事になってきます。

 

東洋医学では身体の冷えは良くないことだと言われており、冷えを治療する不妊鍼灸は妊活や不妊治療にも効果的とされているのです。

 

また身体の異常がなくても妊娠の兆候が表れないという方は、「すずらん鍼灸院」にいつでも相談してみてくださいね。

 

意外と自分の身体の冷えに気づいていない場合がありますよ。