こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

医療機関で受けられる不妊治療のひとつにホルモン投与があるのですが、受精卵を育てる環境が整っていないと効果が十分に発揮されない可能性があります

 

そのためホルモン投与による治療以外にも、体質そのものを改善して妊娠しやすい環境を整える治療も重要です。

 

そこで今回は不妊治療で悩んでいる20代女性のJさんの事例から、不妊鍼灸の効果を紹介します。

 

『Jさんの体験談』

東京、不妊鍼灸

 

受精卵がうまく育たないために不妊になっていると診断された1年前から、ホルモン投与による不妊治療を行っています。

 

これまでに何度か投与してもらっているのですが、どうしても卵が大きく育たない状況が続いていたんです。

 

そのためなかなか妊娠できずに悩んでいたところ、先生から体質を整えた方がいいかもしれないとすずらん鍼灸院の利用をおすすめしてもらいました。

 

すずらん鍼灸院の方では不妊鍼灸と呼ばれる鍼灸による治療をしてもらったのですが、痛みも熱さも感じませんでしたし不快感なく利用できたのが印象的でした。

 

また自律神経などを整えてくれる効果があるということで、受けた後は体も気持ちもリラックスできた感じがすごくよかったです。

 

そうしてホルモン投与と不妊鍼灸を併用したところ、ようやく卵が順調に育つようになったようで少しずつ妊娠できるかもしれないという実感が持てています。

 

『まとめ』

 

ホルモン投与などの不妊治療の効果を発揮するためには、土台となる本人の体質や状態を整えてあげることが大切です。

 

すずらん鍼灸院では不妊鍼灸による体質改善や自律神経の安定を行っており、妊娠しやすい体作りをサポートしています。

 

このため不妊治療の効果がなかなか出ない人はもちろん、不妊鍼灸に興味があるという人も気軽に当院にご相談ください。