こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

近年は不妊治療を受ける方が増えてきています。

 

不妊治療の一つとして鍼灸が注目され、その中でも妊娠に至る身体を整えていくという不妊鍼灸の需要が高まっているのです

 

不妊の原因の中でも多く見られるのが排卵障害で、不妊鍼灸はこの排卵障害に効果を及ぼすと言われています。

 

それでは、不妊鍼灸と排卵障害の関連性についてみていきましょう。

 

『ホルモンバランスに注意!』

東京、不妊鍼灸

 

そもそも排卵障害とは、排卵するまでの過程において、ホルモン分泌の乱れによって排卵がスムーズにいかなくなることを指しています

 

排卵障害が女性不妊に占める割合はおよそ3割ほどですが、そのほとんどの原因はホルモンによって引き起こされているのです。

 

ホルモンが原因の排卵障害は「心因性」と「内分泌性」の2つに大きく分けることができますが、心因性による排卵障害はストレスが原因になることが多く、内分泌性が原因の排卵障害はホルモンの分泌異常によって卵巣機能が低下してしまうことで排卵障害が起きてしまいます。

 

不妊鍼灸とはこの2つの原因からくる排卵障害に対して、効果を発揮すると言われているのです

 

しかし鍼灸が本来あるべき姿とは、ホルモンバランスだけではなく身体全体の健康を考えながら、不妊治療に対してだけではなく妊娠・出産・育児へと前向きに取り組める身体を作っていくことだと言えるでしょう。

 

『まとめ』

 

排卵障害とは、排卵が上手くいかなくなることを指していますが、排卵障害の原因はホルモンによって引き起こされてることが多く、不妊鍼灸は排卵障害に効果的と言われています

 

すずらん鍼灸院」では不妊治療のみを行うのではなく、鍼灸の本来の目的である身体全体のバランスを整えていくことを目指しているのです。

 

妊娠や出産等に対して身体的に不安を感じた方は、遠慮なく当院へ訪れてみてくださいね。