こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊症の原因は様々です。

 

中には原因不明の不妊症もあります。女性のみではなく、男性側に原因があるケースも多いことから、検査では見つかりにくい場合もあるようです。

 

精神的ストレスで不妊となってしまうこともあります

 

医学的な治療が難しい時には、不妊鍼灸の治療もおすすめです。

 

今回は不妊症になる頻度の高いと言われている原因を3つご紹介します。

 

『ストレスも影響する?不妊症の3大原因とは』

東京、不妊鍼灸

 

不妊症には多数の原因がありますが、頻繁に起こるものは3つとなっています。

 

1つ目は排卵障害です。月経周期が25〜38日型ではなかったり、基礎体温が二相性ではない場合に起こりやすくなります。

 

ストレスや無理なダイエットなどで月経不順となる女性にも多い症状です。

 

2つ目は卵管が閉塞したり、癒着してしまうケース性器クラミジア感染症や骨盤内手術によって、閉塞や癒着が起こるようです。

 

3つ目は男性側の不妊になります。

 

精巣で精子が上手く作れない状態であったり、心理的ストレスが性機能障害を引き起こします。

 

タバコや飲酒が不妊を悪化させる場合も

 

不妊症と診断されていない人も子供の将来を考え、健康かつ、ストレスを溜めない生活を送ると良いでしょう。

 

不妊鍼灸ではストレスの改善にも効果があるとされています。

 

『まとめ』

 

不妊症は月経不順や卵管の癒着、ストレスなども原因になります。

 

不妊になってしまうと、落ち込んでしまう方や不安になる方も多いです。

 

ストレスが夫婦間の不和を招くこともあります。

 

不妊治療で改善せず、諦めてしまった」という人も、まずは日々の体調管理や健康維持を目的に、不妊鍼灸を利用してみませんか?

 

不妊鍼灸で治療したい」という方は是非、すずらん鍼灸院までご相談ください。