こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療不妊鍼灸を同じものであると考える人は多くいますが、このふたつは異なるものです。

 

両者がともに不妊を改善するために行う施術であることは共通していますが、不妊鍼灸では不妊治療でも改善が見られなかった不妊の手助けをすることや妊娠しやすい身体を作りあげることが目的です。

 

不妊鍼灸がどうして不妊に効果的なのかを説明します。

 

『不妊鍼灸の目的とは』

 

東京、不妊鍼灸

 

不妊治療と不妊鍼灸は、両者とも1年以上自然妊娠がかなわなかった不妊の際に行う施術です。

 

不妊治療では、タイミング法や人工授精、体外受精などといった、精子と卵子が結び付くプロセスを直接的にサポートすることがおもな目的の施術です。

 

これに対して不妊鍼灸とは、妊娠が可能となる身体つくりを目的としている施術です。

 

具体的には、身体に溜まった疲労やストレスを解消することによって体内の血液循環やホルモンバランスを改善させます

 

妊娠は非常に身体に負担のかかるものであり、身体が万全の状態でなければ妊娠に至りません。

 

そのための、身体をつくることが不妊鍼灸の役割であり、各医療機関においても不妊治療の効果を上昇させているという結果が出ています。

 

『まとめ』

 

不妊治療は、直接妊娠につながるサポートを行いますが、不妊鍼灸ではその前段階となる妊娠に適した身体を整えることのサポートを行います。

 

なかなか自然妊娠しない人や不妊治療の効果が見られない人は、すずらん鍼灸院で不妊鍼灸を受けてみてください。

 

疲労やストレスを軽減させて、自然治癒力を回復させていき、不妊治療の効果を上昇させます。