こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

結婚して〇年経ちますが、子供ができません」と悩む夫婦の方々がよく当院に相談に来られます。

 

当院では不妊治療の一種である「不妊鍼灸」というものを行い、不妊症に悩んでいる皆さんの治療に取り組んでいます。

 

それでは不妊鍼灸は他の不妊治療と比べてどのような違いがあるのでしょうか。比較しながら見ていきましょう。

 

『不妊鍼灸の特徴』

 

東京、不妊鍼灸

 

 

そもそも不妊治療では、基本検査の結果をもとにタイミング療法を行い、改善されない場合は人工受精体外受精のような人の手を加えて受精させるという治療法を行っています。

 

これは「ステップアップ治療」と呼ばれ、結果を見ながらより高度な方法で治療を行うというものです。

 

しかし、不妊鍼灸の場合は鍼灸によって妊娠できる身体づくりを行う治療なのです。

 

不妊症になりやすい主な原因は、社会生活の中で蓄積されていったストレスや不摂生です。

 

それによって肩こり・頭痛・不眠等の身体の不調が生じ、妊娠しにくい身体となってしまうのです。

 

不妊鍼灸ではストレスや不摂生による負担を軽減することで、「心身のバランス」を整えていく治療法であると言えます。

 

『まとめ』

 

不妊鍼灸とその他の不妊治療には不妊症へのアプローチの面で根本的な違いがあるということがわかっていただけたでしょうか。

 

当院では不妊鍼灸による不妊治療に力を入れています。また不妊症に関する相談も随時受け付けていますので、不妊治療に関してお困りのことがあれば、いつでもすずらん鍼灸院に相談してくださいね。

 

来院お待ちしています。