こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

私達のいるすずらん鍼灸院では不妊鍼灸といわれる鍼を使った不妊治療をおこなっています

 

不妊鍼灸は本当に不妊治療に効果があるのか疑問に思っていませんか。実はあまり知られていませんが、不妊は生殖器官の不調だけではないのです

 

今回は不妊の奥に潜んでいる問題および不妊鍼灸が問題に対してどのような効果を発揮するのか、そのことについてお話しましょう。

 

『不妊鍼灸は体質の改善によって妊娠しやすい体をつくる』

 

東京、不妊鍼灸

 

不妊治療で「卵子の質が良くない」ということを医師から指摘される方がいますが、そうした方の体をみると生殖器官だけ異常で後は全て正常という場合はほとんどありません。

 

たいていの方は手や脚のむくみがひどかったり、下腹部を押すと痛みがでたりするなど、体のどこかに不調を抱えていることが多くあります

 

すずらん鍼灸院でおこなっている不妊鍼灸は妊娠させることよりも、「不妊と関係している体の不調を解消する」ということに重きをおいています。

 

体の不調が解消されると体内のエネルギー循環が良くなり、結果として質の良い卵子が作れられるようになるからです。

 

不妊鍼灸自体は体の特定の部位に鍼を刺して治療をおこないます。鍼を刺すと痛いと思うかもしれませんが、髪の毛ほどの太さしかないので刺されても痛みはほとんど感じません

 

『まとめ』

 

不妊の原因は先天性な場合もありますが、多くは日常生活で蓄積したストレスや体へのダメージによるものです。

 

東洋医学ではそうしたダメージの蓄積を「気の歪み」とよんでおり不妊鍼灸は気の歪みを治療します。

 

気が歪むとむくみがひどい、下腹部が痛いなどの症状として現れることがあるので、不妊治療をしている方でそんな症状がでていましたらすずらん鍼灸院まで診察に来てみてください。