こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

妊娠を望んでいる夫婦が特に避妊をしていないにもかかわらず、1年以上妊娠しない場合を「不妊症」といいます。

 

検査をしても不妊の原因が分からない場合には、西洋医学では子宮に病気があると判断されます。

 

しかし東洋医学の視点からすると、身体が妊娠できる状態になっていないということになり、鍼灸などの方法で不妊対策をしていくのです。

 

この記事では、不妊対策としての不妊鍼灸について説明しています。

 

『腎は腎臓じゃないってホント?』

 

東京、不妊治療

 

女性の身体は男性にはない複雑さを持っているため、構造上血流が悪くなりがちです。

 

不妊鍼灸による治療を行い全身の血液の巡りを整えていくことが、東洋医学的な不妊対策と考えられています。

 

東洋医学における不妊症は「腎」の不足と考えられていますが、東洋医学の腎とは腎=腎臓ではなく、生殖器をつかさどりホルモンの働きも含んだ身体全体の調整する機能を指しているのです。

 

妊娠のためにお腹や腰、足といった主に下半身を重点的に温める針灸治療をしていきながら血行を循環を良くし、子宮の働きを促していくことが不妊鍼灸の目的となっています。

 

本来人間の体に備わっている自己治癒能力を高めて身体バランスを整えていくことが、不妊対策となっているのです。

 

『まとめ』

 

不妊症を東洋医学の視点から「腎」の不足と捉え、身体全体のバランスを考えながら身体をしっくり整えていくことを目指すのが不妊鍼灸です。不妊対策には、子宮や卵巣を含む内臓全部が正常に機能することが重要となってきます。

 

すずらん鍼灸院」は鍼灸による治療を行うことで、体がもともと備えている治癒能力を高めていくお手伝いをしています。

 

私達と一緒に、体の声に耳を傾けてみませんか?