こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

赤ちゃんを授かりたいのに、なかなか授かれず悩む女性は本当に多くいらっしゃいます。

 

不妊治療の方法として、クリニックなどに通うほかに不妊鍼灸もかなり浸透してきました

 

体のツボにごく細い鍼を刺したり、ツボにもぐさを乗せて火をつけ熱刺激を与えたりするのが鍼灸。

 

これらの治療にはどんな意味があり、なぜ不妊に効果があるといわれるのでしょうか。

 

『東洋医学は「つながり」を見つけるのが得意』

東京、不妊鍼灸

 

不妊の原因はさまざまです。不妊というのは、それ自体が「病気」ではなく、心身のどこかに不調があることが原因で表れている「状態」なのです

 

そのため不妊治療には、何が不妊につながっているかを知り、解決していくことが大切です。

 

鍼灸をふくむ東洋医学は、この「つながり」を見つけるのが得意です。

 

というのも、調子の悪い部分だけではなく体も心も丸ごと一つととらえて、全体の流れを整えるのが東洋医学の目的だから。

 

実際に不妊に悩んでいる方の中には、肩こり、便秘、下痢、不眠、ストレスなどといった不調を抱えている方も多いのです。

 

不妊鍼灸では、それらがどう影響しあっているかを知り、体を温かくバランスの良い状態へ導いていきます

 

それが妊娠しやすい体質をつくることになると考えられます。

 

『まとめ』

 

不妊治療は何かとストレスがかかりやすく、そのことがまた体に負担をかける…というスパイラルに陥ってしまうのも、残念ながらよくあること。

 

すずらん鍼灸院の不妊鍼灸では体の声をよく聞いて、丁寧に解きほぐすように治療をすすめていきます。

 

リラックスして、焦らず取り組んでいきましょう。ご不安なことは何でも相談してくださいね。