こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊症になってしまって妊娠できずに困っているという人は不妊の原因を追求しようと考える傾向があります。

 

病院で治療を受けるときには原因を究明した上で、個々に対策を立てていくことで治療を達成するのが基本です。

 

しかし、不妊鍼灸は不妊症に対して総合的にアプローチすることができます。どのようなアプローチなのかを確認しておきましょう。

 

『不妊症になっている体質を改善するアプローチ』

 

不妊鍼灸のアプローチは不妊症になってしまっている体質を抜本的に改善するように働きかけるのが特徴です。

 

妊娠するためには身体の調子が整えられていなければなりません。

 

女性の場合には生理周期が安定していて、成熟した卵子が適切なタイミングで排卵される状況が整っているだけでなく、受精できた場合に着床しやすい子宮環境ができていることが必須です。

 

生理周期の乱れや子宮環境の劣悪化は不妊症の原因として多いものですが、原因だとわかっても改善は容易ではありません

 

不妊鍼灸ではホルモンバランスや血行などに働きかけることで全体として体調を良好な方向に向かわせることができます。

 

不妊の原因に対して総合的にアプローチできるため、妊娠できずに悩まされてきた人も改善が見られることがある対策です。

 

『まとめ』

 

不妊症の治療を行うときには原因を探りますが、たとえ原因がわかったとしてもなかなか妊娠できるようにならない場合もあります

 

原因は一つとは限らないので総合的にアプローチすることが大切であり、不妊鍼灸はその有用な方法の一つです。

 

すずらん鍼灸院では不妊に悩まされてきた方からよく相談をいただいています。なかなか不妊を改善できずに苦労されている方はぜひ当院まで足をお運び下さい。