こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療は、不妊の可能性を疑ったときに産婦人科で希望するものです。

 

しかし、似たような名前の施術である不妊鍼灸の施術を受けるタイミングというものは、不妊の時に限ったものではありません

 

不妊鍼灸は不妊治療とは異なる目的を持った施術で効果も異なります

 

『不妊鍼灸とは』

 

不妊治療を受けるときは、1年以上自然妊娠がかなわずに病院での診断で不妊であると診断された時です。

 

これは生殖器の疾患などさまざまな理由によって妊娠することが難しいため、不妊治療によって直接妊娠へとつなげるためです。

 

では、不妊鍼灸はいつ受けるのかというと、明確に定められたタイミングというものはありません

 

そもそも不妊鍼灸の施術は、ホルモンバランスを崩す原因となる自律神経の乱れを解消することを目的としています。

 

そのため、直接妊娠へとアプローチするのではなく、身体の調子を整えることが目的です。

 

このことから、不妊鍼灸の施術は、自然妊娠を目指しているときであっても、不妊治療を受けているときであっても、または生理不順といった妊娠とは直接関係のないときでも受けることができます。

 

『まとめ』

 

すずらん鍼灸院では不妊鍼灸の施術を提供していますが、どのような方でも歓迎しています。

 

不妊に悩んでいる方でも妊娠に向けて不安がある方でも、生理不順で悩んでいる方でも、当院のカウンセリングと施術で対応中です。

 

不妊鍼灸で不妊や不妊になる可能性の不安を解消してみませんか