こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊症の治療を続けていたが、いったんあきらめて中止したら妊娠した」という話をよく耳にすることがあります。

 

不妊の原因は、男性側、女性側、またその両方にある場合があります。原因不明のものもありますが、医学的な治療が有効な場合が多いです。

 

では、何故、不妊治療をやめたら妊娠したというような話が比較的多く聞こえてくるのでしょう。不妊鍼灸はどのように有効なのでしょうか?

 

『妊娠とリラックス』

 

不妊症の方が妊娠するためには、医学的な条件が大きく関わりますが、もうひとつ、大きなキーワードがあります。それは「リラックス」です。

 

「不妊治療を続けて妊娠しなかった人が治療をやめる」つまり「諦めた」時に、前向きではないかもしれませんが、身体の力が、フッと抜け「リラックス」した状態になり、妊娠しやすい身体になった可能性があります

 

「リラックス」は医学的にみても侮れません。呼吸が深くなり、血流が増え、妊娠に必要な臓器に酸素やホルモンや栄養素がしっかりと届くようになります

 

ただ、現在不妊に悩む人が「諦めてリラックス」と言われても難しいですよね。だからこそ不妊鍼灸は、効果的なのです。

 

東洋医学に基づく身体からのアプローチで、身も心もリラックスさせ、妊娠しやすい身体づくりをサポートできるのです

 

『まとめ』

 

不妊症の治療には身体に様々なストレスがかかることが多いです。また、本当に妊娠できるかどうかの不安や周囲との人間関係など、心の面のストレスもとても大きいでしょう

 

不妊鍼灸は、東洋医学的なアプローチから呼吸を深め、血流を増やし、不妊に悩む方を深いリラックスに導きます。

 

自分自身を大切にすることは、自身を最適な未来に導きます。すずらん鍼灸院にご相談ください。