不妊症と生活習慣の関係

不妊症で一番多いのは『原因がわからない』というのが一番多いのです。
 
排卵障害や、勃起不全、夫婦生活の減少の背景には、生活習慣が 密接に関わっているので
生活習慣を見直す必要があります。
 れた畑にどんなに栄養を与えても、良い野菜は取れません。
妊娠しやすい身体をつくることがとても大切になるのです。
 

生活習慣に合わせた不妊症改善

 

冷え症

 
身体が冷えると、病気を起こりしやすくなる・・。 ご存じの方も多いと思います。
冷え症の原因は、ホルモンバランスの乱れにより、自律神経が乱れ、 血液の流れが悪くなることから生じます。
 
冷えは身体の免疫力を下げてしまうと医学的に言われています。
冷え症の方は身体を温めることで血行がよくなり、免疫力が高まります。
 
免疫力が高まれば、健康な身体を維持することができ、妊娠しやすいカラダになります。

 

睡眠

 

 
健康な身体の状態であれば、自然に眠くなるのですが、 深夜になってもなかなか眠れない方が増えています。
 
女性のホルモンバランスは、睡眠と深い関係があります。夜10時~2時にかけてメラトニンが分泌されます。この時間帯に寝れるのが質の良い睡眠には不可欠です。
 
睡眠が不十分だと、ホルモンにも乱れを生じるため、不妊症の原因の一つとも言われています。
規則正しい睡眠を心掛けるようにしましょう。

 

ストレス

 
ストレスは、不眠症、自律神経失調症、冷え症などの原因にもつながります。
現代はストレス社会。どうしてもストレスは溜まってしまいます。
 
ストレスをためない工夫を努力して行う必要があります。

 

食養法

 
食事で必要な物
体を温める食べ物を取りましょう。色:赤、黒、黄色、橙色の食べ物を中心に摂取して下さい。
 

野菜

ニンジン、かぼちゃ、にんにく、よもぎ(もぐさの成分です)、レンコン、しょうが、にら、しそ
 

果物

栗、りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン
 
魚介類、ひじき、わかめ、のり、こんぶは毎日どれかしら織り交ぜて食べるのが良いと思われます。
脂っこいもの、辛いもの、甘いものはなるべく避けたほうが良いと思います。
野菜もお湯を通して温野菜にする工夫をして食べて下さい。