更年期障害

更年期障害について

女性の一生は大きく分けると幼少期、思春期、性成熟期、更年期、老年期の5つに分類できます。 更年期とは卵巣機能の衰えが始まり、女性ホルモンのエストロゲン分泌量の減少により閉経を迎える時期の前後5年位の期間を言います。 日本人女性の平均閉経年齢は50歳くらいと言われてますので45〜55歳くらいと考えられます。

更年期にはほとんどの方が体の変調を感じます。更年期障害とは更年期に見られる多彩な症候が表れます。
又2つ以上の症状の症状を併せ持つ場合が多く10か所以上の症状を感じる方も時々おります。

次へ

  1. 更年期障害について
  2. 症状の違い
  3. 更年期障害の症状
  4. 更年期障害とはり灸治療
  5. 更年期との付き合い方
  6. 更年期の食養法
  7. 更年期障害チェック

更年期障害の症例

足立区 47歳女性
葛飾区 50歳女性
中央区 52歳女性
足立区 36歳女性
足立区 45歳女性
松戸市 43歳女性
足立区 51歳女性
足立区 43歳女性


お問い合わせはこちらからどうぞ。

TEL:
03-3886-3880

フォームからのお問い合わせはこちら

当院の所在地:
〒121-0816 東京都足立区梅島1-8-2
(東武伊勢崎線梅島駅から徒歩4分)

友達に紹介 トップに戻る

(c)2005-2009 すずらん鍼灸院