自律神経失調症

自律神経失調症について

自律神経とは安定した生命活動を維持するために重要な役割をします。自律神経は興奮する交感神経とリラックスする副交感神経に分かれます。 お互いに拮抗し、協調的に作用し体内のバランスを維持してます。

例えば運動する時は交感神経が働き血液循環が良くなり、汗をかき興奮した状態になります。休んでる時や、睡眠時は副交感神経が働きリラックスし体を休めます。この2つのバランスが崩れ心、体に症状が現われることを自理神経失調症と言います。

次へ

  1. 自律神経失調症について
  2. 症状の違い
  3. 自律神経失調症の症状
  4. 自律神経失調症のタイプ
  5. 自律神経失調症とはり灸治療

自律神経失調症の症例

春日部市 37歳女性
東金市 41歳女性
八潮市 29歳女性
三郷市 27歳男性
足立区 67歳女性
足立区 66歳女性


お問い合わせはこちらからどうぞ。

TEL:
03-3886-3880

フォームからのお問い合わせはこちら

当院の所在地:
〒121-0816 東京都足立区梅島1-8-2
(東武伊勢崎線梅島駅から徒歩4分)

友達に紹介 トップに戻る

(c)2005-2009 すずらん鍼灸院