二人目不妊

二人目の不妊期間は、産後母乳期間が終了してから数えます。それから数えて2年間妊娠出来ない場合を二人目不妊と言います。

近年、一人目のときにすんなり妊娠できても、二人目になると妊娠できない女性が増えております。

二人目不妊の原因・克服法や鍼灸効果について、詳しく紹介してまいります。

二人目不妊の原因

二人目不妊の原因は、夫婦生活の回数の減少、加齢・高齢、ストレス、過去の流産、子宮や卵巣の病気などがありますが、一人目不妊との明らかな違いがあります。

一人目を出産したということは、夫婦の生殖機能に致命的な疾患がないことが証明されていることになるのです。


(詳細は、二人目不妊の原因

二人目不妊の克服

二人目不妊の原因は一つだけではなく、2つあるいは3つの複数の要因が
当てはまってことがよくあります。

二人目不妊の原因を3つに絞り、妊娠体質をつくる処方箋を簡単に説明しました。

(詳細は、二人目不妊の克服

Q&Aコーナー

これまでに当院に寄せらせた、二人目不妊に関するよくある質問について、簡潔にお答えしました。

生活習慣からストレスの悩みなどについても、お答えしております。
ご参考になれば幸いです。

(詳細は、Q&Aコーナー

二人目不妊と妊娠体質

女性は一回目の出産以降、体質が大きく変わってしまいます。
一方、男性においても、仕事の責任の重さや育児によるストレスにより、
「精子の減少」「精子をつくる能力」が低下していく傾向にあります。

二人目不妊は、女性だけでなく男性の側にも問題があること決して少なくはないのです。

(詳細は、二人目不妊と妊娠体質


二人目不妊と高齢

近年、結婚年齢が上昇し、二人目を希望するときには、すでに35才を越えている夫婦の割合が増えました。

女性は30才をすぎると、卵巣や子宮機能の衰えが目立ち始めます。 つまり、年齢が高ければ高いほど、自然妊娠する確率は下がっていくことになるのです。

(詳細は、二人目不妊と年齢の関係

鍼灸施術の効果について

基礎体温表

東洋医学では、「二人目不妊は、『腎』の力が弱まっていることから生じる」とされています。『腎』の力を取り戻すためには、 自然治癒力(免疫機能)を高める必要があります。

鍼灸施術の目的は、免疫力を高め、病気の原因を取り除き、 病気になりにくい身体をつくることにあります。

(詳細は、鍼灸施術の効果



不妊症克服 喜びの声

色々な疾患でお悩みの方が多数来院され成果を挙げてます。下記のような改善例があります。

その他の喜びの声



症状別Q&A




  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • ネット予約