希発月経(生理周期が長い)の原因と予防・改善

不妊鍼灸トップ > 生理不順トップ > 生理不順Q&A一覧 > 生理周期が長い

症状別Q&A

生理不順でのお悩みQ&A

Q. 生理の周期が40日以上と長く心配です。

症状

あなたの症状は、希発月経と呼ばれる症状です。
正常な生理の周期は、25~38日の間です。
希発月経は、生理周期が39日以上あり、年に数回しか生理が起こりません。
長い間放置しておくと、無月経になる危険性もあり、決して油断できない状態です。

また、妊娠中の女性を除いて、3ヶ月以上月経がない場合は、 無月経の可能性が極めて高いです。

希発月経になると、妊娠の確率がぐんと減り、
不妊体質になりやすい身体の状態でもあるのです。

希発月経の原因

希発月経と呼ばれる生理不順の原因は、子宮の発育不全や子宮の萎縮などによる卵巣の低下、
ストレスによるホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。

ただ、中には、もともと生理周期が長い体質の方もいます。

そのような方の場合、きちんと排卵があれば、
生理周期が長いからといって生理不順を引き起こしているというわけではありません。

希発月経の予防・改善

希発月経の症状を改善するためには、まず始めに基礎体温を
つける必要があります。基礎体温は、身体の不調だけでなく、 心の状況の変化にも敏感に反応します。

基礎体温を日頃からつけておくことで、何が原因で基礎体温
に異常を生じたかを知る大きな指標になるのです。

希発月経の場合は、まず基礎体温表から、排卵があるかないかを確認します。

もし、確実に排卵があるという場合には、大きな心配はいりません。

但し、排卵がない場合には、不妊体質になっている可能性が高いので、
早めに専門医に診てもらう必要があります。

いずれにせよ、排卵があるとしても、生理周期が長い身体の状態はあまり良くありません。

希発月経の原因は、卵巣機能の低下によるものですから、
卵巣機能をアップさせることがとても大事になります。

卵巣機能を向上させるためには、身体を温める必要があります。
足湯や半身浴、身体を温める食事、または服装にも気をつけるなど、
身体を冷やさないような工夫が必要です。

その他のQ&A


患者様の声

メルマガ読者限定 無料プレゼント

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、板橋区、江戸川区、大田区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、港区、目黒区

千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市

埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市

神奈川県
川崎市 横浜市 藤沢市 厚木市 相模原市

茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市

栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらんモバイル

QRコードいつでもどこでも簡単にすずらん鍼灸院の診療時間や地図が見れる携帯サイトができました。先ずはあなたの携帯電話にご登録下さい。
http://www.suzuran7.jp/mobile/