排卵出血と不正出血の違いと見分け方

不妊鍼灸トップ > 排卵日トップ > 排卵日Q&A一覧  > 排卵出血と不正出血

症状別Q&A

排卵日のお悩みQ&A

Q. 排卵出血とは何ですか?また、不正出血との違いを教えてください。

排卵出血とは、妊娠しやすい時期を教えてくれる大切な身体のシグナルとも言えます。

排卵出血とは、排卵日に生じる出血のことで、
生理周期の14日前後に生じる生理現象のことを言います。
排卵出血は、排卵直後に生じるので、排卵日のおおよその時期を見定める目安となります。

排卵出血は、卵子が卵巣の表面を飛び出した際に
毛細血管が切れることによって生じる現象です。
必ずしも出血を伴うとは限りませんが、出血は1日、
もしくは2~3日程度で止まり、量もごく少量となります。

これに対し不正出血とは、正常時の月経・排卵期以外で生じる出血を言い、
ホルモンバランスの乱れや生殖機能の異常が主な原因となります。

排卵出血と不正出血を混同される方もおりますが、
排卵期における排卵出血は生理的な現象なので、病気の心配はありません。

但し、不正出血がたまたま排卵日と重なって出血するケースがありますので、
必ずしも安心というわけではありません。

排卵出血の場合は、出血期間は短く量も少量ですが、
不正出血の場合には、大量に出血したり、出血期間が長く続くケースがあります。

又、不正出血は症状や量がまちまちです。不正出血には、
重大な疾患が見え隠れしている可能性があります。
生理時以外の出血の量が少量だからといって、放置しない方が良いと思います。

受精卵が子宮に着床する際に生じる出血もあります。
これは、「着床出血」と呼ばれるもので、不正出血ではありません。

着床出血は、生理時に生じることがしばしば見受けられますが、
これは排卵出血とは異なり、「妊娠生理」とも呼ばれています。

出血が不正出血か、排卵出血かを確認するには、基礎体温表をつけて、
出血と排卵日が一致しているかを確認することが望ましいしょう。

いずれにしても、生理時以外の異常な時期における出血は注意が必要です。
そのような場合には、早めに専門医に相談されることをお薦めしています。

その他のQ&A




患者様の声

急募!女性鍼灸師

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、板橋区、江戸川区、大田区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、港区、目黒区

千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市

埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市

神奈川県
川崎市 横浜市 藤沢市 厚木市 相模原市

茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市

栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらんモバイル

QRコードいつでもどこでも簡単にすずらん鍼灸院の診療時間や地図が見れる携帯サイトができました。先ずはあなたの携帯電話にご登録下さい。
http://www.suzuran7.jp/mobile/